2022.7.29 ブログ村「一戸建 住友不動産」カテゴリにて1位!

住友不動産地鎮祭後(4)着工7日目

地鎮祭〜上棟直前

この記事では2022年9月5日(月)から2022年9月6日(火)までに行った工事の様子を紹介します。着工7日目から8日目のことです。前回は2022年8月30日(火)に行われた工事について紹介しました。そのときの記事はこちらです。

なお、住友不動産地鎮祭後シリーズについては、こちらから記事一覧としてご覧いただけます。

地鎮祭〜上棟直前
住友不動産で地鎮祭を行ってから上棟直前までを時系列でまとめています。
スポンサーリンク

写真1:基礎根伐り

1日目(9月5日)の工事です。

「基礎根伐り」は「キソネギり」と読みます。基礎をつくるため地盤面下を掘削する作業です。

写真はまさしく根伐りの最中のものですね。一部地面が掘削されているのがわかると思います。

写真2:砕石転圧

2日目(9月6日)の工事です。

砕石とは天然の岩石をクラッシャーなどで人工的に破砕した基礎資材です。砂利と比較して、圧をかけた際に締まりやすいという特徴があります。砂利は粒が丸い一方で、砕石は角があってゴツゴツしています。角があることで、圧をかけたときに砕石同士がしっかり噛み合うというわけです。

転圧とは圧力を加えて粒子同士の密度を高めることです。この工程を経れば通常の土よりも硬い状態になります。

写真は転圧まで完了したものですね。かなり綺麗に仕上がっています。はじめて見たときは感動しました。

この状態で少し置いたのち以下作業を実施するようです。

  • 防蟻処理
  • 捨てコン

捨てコンとは「捨てコンクリート」の略で基礎下の地盤に流し込むコンクリートを指します。また、そのコンクリートを流す作業自体を指すこともあるようです。そのため「捨てコンする」のような言い方もよくされます。

今回の記事のまとめ

いよいよ基礎をつくる作業の開始です。

しかし、いきなり基礎ができるわけではありません。今回挙げたさまざまな工程を経て、徐々に基礎をつくるための準備が整うというわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました